国家資格・電気主任技術者試験合格対策の通信教育講座 eラーニング・通学・通信講座の総合情報

国家資格・電気主任技術者試験合格対策の通信教育講座

電気主任技術者の通信講座決定版! 電気主任技術者・通信講座
電気は、あらゆる分野の事業活動において必要不可欠なエネルギーです。
各事業所において、法的に責任を負って電気を安全に安定して供給するために大きな役割を果たしているのが 「電気主任技術者」です。
では、電気主任技術者がなぜ必要で、どのような仕事に取り組んでいるのでしょうか。

電気主任技術者がなぜ必要なのでしょうか?
電気は誰でも簡単、便利に利用できる反面、扱い方を誤ると感電死傷事故、漏電による電気火災事故など重大な事故を起こす危険があります。
自分の施設のみならず、電力会社の 系統を通して起こる「波及事故」など社会的に大きな障害を与える場合もあります。  
このため電気工作物の保安上のことについては電気事業法で法的規制が行われ、事業用 (自家用)電気工作物の設置者は、電気保安の監督をさせるため、電気主任技術者を選任しなければならないと定められています。
 
電気事業法では 安全規制の対象となる電気工作物を事業用と一般用に区分しており、電気主任技術者が必要となるのは事業用工作物です。
保安規制体系は、「自主保安体制」と「国の直接関与」から構成されていますが、国の直接的な規制は必要最小限にとどめ、電気保安に対しては自己責任を重視し、電気工作物設置者自身による自主保安体制の強化が図られ、自己責任の原則の基に電気設備を安全に使用することが、設置者および主任技術者に課せられ、次の四つのことを設置者に義務づけています。

1.電気工作物を技術基準に適合するように維持する
2.事業所内の自主保安体制を徹底させるため、その事業所に合致した「保安規程」を
  作成して届出ること。
3.電気保安に関して十分な知識・経験を有する責任者(主任技術者)を選任すること
4.自主検査を実施して記録を保存すること

この中でも「電気主任技術者の選任」は最も重要となっています。

◆電気主任技術者の選任

電気主任技術者の選任の方法は
1.免状の交付を受けている者を選任する
2.大臣または局長の許可を受けて選任する
3.主任技術者を兼任させる
4.主任技術者を選任せず、外部に委託する

◆電気主任技術者免状

電気主任技術者免状の交付を受けることができるのは
1.主任技術者免状の種類ごとに省令で定める学歴または資格および実務の経験
  を有する者
2.電気主任技術者試験に合格した者

◆電気主任技術者の職務および権限

 電気主任技術者は電気設備の運転、点検・検査、変更の工事など日常行われる業務の中で、保安上の考慮が十分なされているかを監視し、十分でないと認められる場合は正しく指導指示をします。
電気主任技術者の選任は、その者を「保安監督の職務」を行わせる地位につけるということを意味します。
よって電気主任技術者には、電気保安に関する監督の機能を 十分果たすことのできる地位にある者を選任することが望ましいとされています。

◆保安規程とは何か

 電気事業法第42条で「事業用(自家用)電気工作物を設置する者は、事業用(自家用)電気工作物の工事、維持および運用に関する保安を確保するため、保安規程を定め、経済産業大臣に届け出なければならい」と定められ、同条大4項では「事業用(自家用)電気工作物を設置する者およびその従業者は、保安規程を守らなければならい」と規定されています。
保安規程の目的は 電気工作物の種類や設備規模に応じて、その設置者が事業所に適した保安業務の基本的事項を定めるものであり、主任技術者の選任とともに自主保安の柱となっています。

◆電気主任技術者の実務と心構え

 電気主任技術者は法的な責任と権限を持って、無事故・無災害を目視し、保安規程に定められた電気保安の監督に関する業務を遂行します。
そのためには、 日ごろの心構えとして、必要な情報が伝わるように努めること。
電気保安の監督という使命を自覚し、職場、現場内での人間関係を良好に保ち、信頼を得られるように努め、保安に関する指示に従って もらえるように努力することが大切です。
 また、電気保安の監督をするには、幅広い関連技術や知識が必要となってきます。
 そのため、
・ 関係法令や技術情報を積極的に習得する
・ 設備、現場の状況を熟知した上での指導、指示を行う
・ 事故事例を勉強し活かすこと

といったことが大変重要となってきます。
 
第三種の受験者は毎年5万人を越える人数で、それにに対する合格率は10%程度です。
(2003年度は受験者数51,480名、合格率10.4%でした)一方第二種の受験者は年々増加の傾向にあります。
 合格率は1998年以降6年連続一桁で2003年度は一次試験受験者7,772名に対し1,769名と合格率が6,2%でした。数字の示す通りたいへん厳しい合格率ですが、今たいへん注目されている資格と言えます。

⇒電気主任技術者試験の通信講座



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。